思春期のニキビと大人ニキビの違い




大人ニキビ

思春期のニキビと大人ニキビの違い

大人ニキビ
思春期ニキビと大人ニキビの違いは、根本的な原因が全く異なります。思春期ニキビの特徴としては、成長段階でホルモンバランスが崩れることによって、皮脂の過剰な分泌がニキビの原因を作り出すことにあります。

一方、大人ニキビはホルモンバランスの崩れによっても起こりますが、成長ホルモンが原因ではありません。月経などでバイオリズムが狂う時期に症状が訪れる場合があるのです。それ以外にも不摂生や栄養バランスの偏りがあると、ニキビができる可能性があるのです。他にも睡眠時間やストレスなど、肉体的・精神的に色々な原因が繋がる可能性があるのです。

ニキビのできるプロセスはどちらも同じ。皮脂や角質で毛穴を塞いでしまうことによって、アクネ菌が毛穴に詰まったものを栄養としながら増殖することによって、皮膚の内部で炎症を起こします。行き場がない時には、どんどんアクネ菌が増殖して、やがては膿を蓄えるようになります。

ここまで進行してしまっては、治療についても専門的な支援がなければ、痕が残ってしまうこともあるのです。慎重に対応しなければならないのは共通していますが、思春期ニキビと大人ニキビの根本的治療は、詰まりを除去して肌を綺麗な状態にするということになるのでしょう。