思春期のニキビで誤解されやすい点




ホルモン

思春期のニキビで誤解されやすい点

ホルモン
思春期にできるニキビは、成長ホルモンや男性ホルモンが関係しており、決して内臓疾患が存在するなど、生命にかかわるリスクが潜んでいるわけではありません。第二次成長期に多くなるニキビの発生は、大人になるための一つのステップなのです。

思春期のニキビはホルモンの影響を受けることによって、皮脂腺が多いTゾーンに多く見られます。通常は3か月ほどで進行するといわれているニキビの特性上、症状がひどくならない限りは特別な治療を行わないという専門機関も存在します。

ただし、最近は未来の肌環境を考えて、意図的にニキビ対策を行う割合も増えています。早めに手を打たなければ、綺麗になったという結論は残っていても、それまでの経過を見るにはシンプルです。

内服治療が必要ではないかと誤解されることもありますが、一番良い治療は洗顔と保湿であるのです。つまり、生活面での配慮がしっかりしていれば、思春期のニキビに悩むことなく、円滑な解決ができるかもしれません。

こうした治療の選択肢を分析することは、これからの美肌作りには重要なポイントです。知識として知っておくだけでも、思春期ニキビに迷わない生活ができるかもしれません。初動を早くするには、客観的に自分の肌を見つめなおすべきなのです。