思春期のニキビはどこに発生するか




Tゾーン

思春期のニキビはどこに発生するか

Tゾーン
思春期のニキビは主にTゾーン発生する頻度が高いとされています。皮脂腺が多い場所にできるのが一般的です。皮脂は、皮脂腺から分泌されるものであり、少しの刺激が加わっただけでも、分泌量が促進されてしまいます。

思春期ニキビは、皮脂腺の過剰な刺激が原因で、皮脂がどんどん分泌されてしまうことが原因となるのです。成長ホルモンが活発に働くことが、皮脂の分泌を促進するのです。つまり、根本部分を止めることは難しいのです。

ただし、思春期ニキビの問題を少しでも治めるためにも、肌のケアを行うことが注目されています。皮脂を好むアクネ菌の予防にも効果的です。

皮脂を食べて増殖するアクネ菌は、毛穴に詰まった皮脂や角質をエサにして、どんどん勢力を拡大します。それに押されてしまうと、Tゾーンを中心に、皮脂腺が存在するラインに炎症が起こるのです。

おでこや鼻は、思春期ニキビの特徴でもあり、赤い炎症状態が頬に大きく広がる場合もあります。症状を確認しながら、医療機関の受診をしても良いでしょうし、市販薬で様子を見るという対応もなされています。いずれにしても思春期が経過するまで対照的な治療に励むことが、ニキビの悪化を抑制する働きに繋がるのです。